リサイクルトナーを使う場合の問題点

トナーはカーリッジに入れられ、レーザープリンタや複写機で利用されます。消耗品ですので、使用を継続すると空になりますので交換が必要となります。新品と交換するのが一般的ですが、コストダウンを目的としてリサイクルトナーが使われることがあります。純正品に比べると圧倒的に安い価格で利用できますので、採用される場合も少なくありません。インクジェットプリンタで、リサイクルのインクカートリッジが使用されるのと同じ状況です。定評のある業者から購入すれば、品質の面では色味の出方が異なるなど、報告がされていますが通常の使用に関しては問題ありません。最大のデメリットは純正品を使っていないこと理由にメーカー保証を受けられない場合があることです。但し、リサイクルトナーの販売業者によっては、製品の利用によってプリンタが故障した場合に修理費を負担してくれるところもあります。

純正トナーのメリットとデメリット

プリンタに使われるトナーは消耗品ですので、交換が必要となります。継続して使われるものですので、ランニングコストが問題になる場合があります。コスト低減を目的としてリサイクル品が使われる場合がありますが、品質や耐久性面で心配があります。純正品の場合、プリンタとセットで開発され最適な動作が保証するために、繰り返しテストされています。したがって、品質が保証される分だけ高いのは当然です。正規の使用の範囲において、故障したプリンタは保証が適用されます。一方、リサイクル品を使用した場合の故障については、実費負担となるのが一般的です。修理代を含めたランニングコストを考慮すると純正トナーに軍配が上がると考えて良いでしょう。顧客相手のビジネスで使用するプリンタであれば、印刷品質に気をつかる必要がありますので、尚更、純正製品を使用されることをお勧めします。

リサイクルトナーは質は純正品変わらない

プリンターのトナーは空になるまで使って、使い切ったらすぐに交換しますが、リサイクル品の場合には、空になったら再度使う事ができます。トナーは重いので持ち運びは大変です。家庭用であっても同様です。リサイクル品であっても使い方は純正品と変わりがなく、インクが出なくなったらプリンターの蓋を開けて装着してためし印刷を行います。リサイクル品はインクジェットプリンターには対応していませんが、レーザープリンターには対応しています。トナーを使う前には印刷枚数を確認します。リサイクル品でも質は純正品と殆ど同じですが、リサイクル品の方が故障率が高めです。故障してしまった時に無償交換をしたい場合には純正品を利用をします。リサイクル品は未開封の場合には交換ができますが、開けてしまった場合には要相談になってしまいます。交換時には落とさない様に注意が必要です。

当社で取り扱う商品の配送における対象エリアは、離島を含む北海道から沖縄まで全国となっており、幅広いエリアからのご注文が可能です。 リサイクルトナーは使用済みカートリッを回収、再利用していくため。限りある資源を有効活用でます。 当社における主力商品・サービスとしては、様々な樹種の無垢材を取扱い、それぞれの用途に合った木材の販売を行っています。 インクスポット.jpのカラートナーの一覧はこちら