トナーに関する仕組み

トナーとは、コピー機やレーザープリンタによって紙の着色に使われており、微細な粉末状によるインクとなっています。そして、それぞれの機種専用による樹脂製のトナーカートリッジに詰めた上で提供されています。また、モノクロプリンタであるコピー機用のこれらについては黒色となっており、カラーの場合にはこれにシアン、マゼンタ、イエローの3色を加えているCMYKの4色によって印刷を行います。通常においては、これらは着色しているプラスチック材料を細かく砕いた上で製造しますが、この製法の場合は形状や大きさに関してはまちまちになってしまって、印字している時に輪郭については不鮮明になってしまうでしょう。また、最近においては仕上がりについてさらに美しくしていくために、大きさそろえた上で球状に成型したり、熱に関する特性の異なっている樹脂材料などと層構造について形成しているトナー製品も登場しています。

プリンタートナーの種類

現在パソコンの時代でプリンターは欠かせないです。トナーとは静電気を利用して紙に転写させ、熱によって定着させることで印刷します。種類はたくさんあります。人気なのは、OKIのTNR-C3LK2、ブラザーTNシリーズです。金額は安いもので6000円くらいから20000円と幅が広いです。人気色は黒です。キャノン、エプソン、リコーなどのメーカーが環境にやさしいリサイクルトナー、ドラムや廃トナーボックスといった備品まで幅広く取り揃えています。リサイクルは地球環境の保全と顧客の利益のために様々な努力をしてくれています。カートリッチは会社ではなくてはならないもの。カートリッチにすることで使い勝手もよくなりました。リサイクル、純正、海外純正などたくさん種類があるので試してみて一番良いものを選ぶと良いでしょう。

印刷に用いられるトナー

トナーとは、レーザープリンターや複写機などでカートリッジに入れて使用する印刷用の粉です。トナー粉は帯電性を持ったプラスティック粒子に黒鉛や顔料などの色粒子を付着させて作られます。印刷は静電気を利用して粉を転写させた後、熱により定着させます。カラー印刷は通常、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色を混ぜ合わせて色を作っています。カートリッジはメーカーや機種によって異なり、粉を充填しただけのものからスリーブや感光体ドラムを組み込んだものがあります。リサイクルトナーとは利用し終わった空のカートリッジを回収し再充填した商品のことで、メーカー純正品のほかに再生会社の供給するものがあります。再生品の利用はリサイクルの面から推進され、何度も再利用されるカートリッジは粉漏れなど一部問題はあるものの、安価な為広く利用されています。