プリンターで使用できるトナーの種類

会社でもよく使うことが多いのがプリンターになります。もちろん一般家庭であっても年賀状や案内状など自身で作ることができ、家庭用として販売されているトナーも数多くあります。そんな便利に使える電子機器であるプリンターですが、使用することで必ず消耗する箇所があります。それは印刷する際に使用するトナーとなります。使い続ければ必ずなくなるのでやがて交換が必要です。では実際に交換する際ですが、国内で入手できるトナーは複数あり、それぞれによってメリットや特徴などが異なります。種類としては国内純正品や輸入純正品のほかに汎用品や互換品にリサイクル品や詰め替えタイプなどがあります。これらは価格の違いのほかに、品質などにも違いがあるため使用する際にはしっかり特徴を理解して選ぶことがポイントです。基本となるのは純正品ほど価格は高く、リサイクル品が一番リーズナブルという点です。

トナーと種類である純正と非純正の違い

プリンターを使うためには消耗品であるトナーの交換は必ず必要となります。購入方法なども色々ありますが、大きく分けると2つの種類に分けられます。それが純正品タイプと非純正品タイプになります。純正品タイプの場合はプリンターメーカーが推奨しているタイプであり、提供しているのもプリンターメーカーとなります。逆にプリンターメーカーが推奨していないそれ以外のトナーを、非純正品タイプとなります。純正タイプはメーカー指定になるため、品質は安定しておりトラブルなどは殆どないといってよいです。使用している際にトナーによる故障やトラブルが起こった場合には、メーカー保障ということで無償の修理といったサービスなども利用できます。非純正品はメーカーが保障していないタイプになるので、品質が安定していなかったり故障のトラブルの原因になることが多いですが、純正品に比べて割安で購入することが可能です。

非純正タイプの汎用トナーの特徴

プリンターで必ず必要となる消耗品であるトナーですが、安定した品質を選ぶのであれば純正タイプとなります。ですが純正タイプはメーカー推奨ということもあり、かなり割高なのでコストがかかります。そのため多くの人に人気のあるタイプの非純正品であるトナーの中でも汎用品があります。この汎用品は製造しているのが純正タイプを作っている工場となります。ただし特定のプリンター用としてではなく、多くのプリンターで使用できるようにするためブランド名やメーカー名といった内容がついていない商品になります。もちろん純正品を製造している工場での商品になるため、品質などは安定しており安心して利用することができます。また純正品に比べて価格もリーズナブルになるのでコスト削減として利用することもできます。ただし非純正品タイプは汎用品以外にも多くありますが、その中でも価格は一番高いタイプとなります。